<< 2011年度夏 イングランドにおける研究 | main | イギリスのマニュスクリプト講習会(2012年春海外調査余滴) >>

2012年春イギリス調査・文書館風景管見

0
     予定では昨年秋だったのですが、忙しくて年度末に駆け込みで出国しました。まだNational Archivesに行っただけですが、1年ちょっとのあいだにあちこち改修工事が進んでいるようです。閲覧室の椅子が全部新調されていました。大型予算がついたのかもしれません。これはおそらく、Family Historyブームがどんどん進んで、来館者が増えていることによるものでしょう。今やbookshopの棚はほとんどがこれ関係の本で埋め尽くされています。19世紀のセンサス以来、国民に関する情報を多く持つ国で、いわゆる公文書保管ルールの期限がきたものは、すべて閲覧可能(誰でも、です)になっていることについて、個人情報を国が握るのはどうだの、それを閲覧者を選ばずに閲覧させるのはどうだの、という議論がある気配は、わたくしは感じたことがありません。みなさん、ご先祖とかご親戚とかがどういうひとで、自分までどうつながっているかを、楽しそうに調べているようです。。。。それを知ってどうするんだ、ということは、歴史に携わるひとには、意味のある質問ではないことがわかるだろうと思います。。。ですが、昔から、職業なり出身地なり、場合によっては姓なりの、「似たようなご先祖を持つ人友の会」があるのが、おもしろいところです。  自慢できるようなご先祖を持つ人だけが探求に来るのではないので、Family History 向けの本の棚に、今回、Criminal Ancestors という本をみつけました。もともと、お年寄りの会話から、先祖に犯罪で殺されたひとがいるほうが幅がきくらしい(幽霊になっていれば最高!)ことは察知していましたが、どうも、加害者のほうでも良いみたいです。  まあ、猟奇殺人の話が好きなだけではなくて、間欠的ながら実際に起こりもするお国柄ですから、国民性の一環なのかもしれませんが。  純然たる過去の話についてはブームがあり、去年はひたすらTudorsブームでしたが、今年はどうやら、タイタニック号沈没事件がブームのようです。映画かドラマがあったのでしょうか。それはまだ不案内です。もちろんWWIとIIはコンスタントなテーマです。ただし、いわゆる銃後の守りについてのコーナーは増えてきているようです。ジェンダー感覚の転換か、あるいは、女性のFamily Historyanが増えたことの反映なのか。20世紀全般が、個人の記憶の域を超えた、ひとつの歴史になっていく時期であることはまちがいないでしょう。訪れているお年寄りはもう、自分のこととしてではなく、上の世代のこととして、調べものをしているようです。  今後伸びていくテーマとしては、どうも、移民がありそうな気配。かつての植民地から、国策に沿って(もっと前だと、国策によって追放されて、になるわけですが)移住したひとたちの子孫が、ご先祖を調べに大挙してやってくる・・・かな。お天気が良い日と、そうでない日では、館内の混み具合が全然違うので、無理してまでやってくるひとは少ないように感じます。秋から冬は移動が難儀でないこと、夏は、館内は冷房が効いていることが、ひとが多い理由とみました。これからはきっと、来館者が増えることでしょう。。。。お年寄りが多いせいか、集団で来られるケースも多いせいかはしりませんが、Family Historian が多い日は、館内静粛は、事実上強行不能なルールです。自分の調べ物に集中したいひとは、ipod必携。どうせ音がするなら、好きな音楽のほうがいい、ということでしょう。それでも遮断は難しい音量でお話になるかたが多いですが。なまりのある英語だから中身まではわかりにくいのが救いのようではあるものの、後ろで長々と立ち話をされると、街角で調査しているような気分になってくるのもたしかで・・・わたしも、お天気が良い日は、iPodをもって出かけることにしようと思います。(北野)

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM